ミニ クーパーの歴史、由来

ミニ クーパーの歴史、由来のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ミニ クーパーの歴史、由来

ミニ クーパーの歴史は長い変遷と改良を加えられて 今に到達しているんですね。 最初から書くと途方もなく長くなるので 最近の ミニ クーパーが出来た頃から 記載します。 もともとMINI(ミニ)とは、イギリスの小型自動車のことだったんです。 イギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーションが生んだ大衆車。 自動車としての必要最小限を形にした設計は、発表当時は業界に激震が走ったほどでした。 1994年以降は、ドイツのBMWが、ランドローバーと同時に ローバーを吸収しminiも配下に収めました。 BMWは、新規に投入する、同社初となるFF車をニューMiniと位置づけ、それまでの資産(ヘリテイジ)を生かしたビジネスをすべく、傘下となった旧ローバーの技術者による車両開発を行った。2001年から、英国のオックスフォード工場(旧ローバー社カウリー工場)で生産開始され、車名を全て大文字のMINIに変更し、販売されている BMW・MINIが登場したことで、初代「Mini」は、 「Classic Mini」、「BMC Mini」、「Rover Mini」とも呼ばれるようになりました。 初代(2001年-2006年)R50/52/53 2代目(2006年-)R52/56

スポンサードリンク

Category 関連情報

BMW ミニ クーパー 情報店のミニ クーパーの歴史、由来のリンクについて

BMW ミニ クーパー 情報店のミニ クーパーの歴史、由来のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。